乳酸菌を摂取した方が良い理由ってなに?

乳酸菌はお腹に良いだけでなく、色々な効果が期待できる優秀な善玉菌です。「乳酸菌を毎日摂ると身体にいい」という話は誰もが聞いたことがあると思いますが、具体的にどういった点が身体に良いのかな、整腸作用だけじゃないのかなと思っている方もいますよね。

乳酸菌と一言にいってもその数千もの種類があると言われ、種類によって少しずつ働きや効能が違います。便秘や下痢といった症状を起こしてしまう腸内環境の改善の他、インフルエンザの予防、アレルギー症状の緩和、ウイルスに対する免疫力の向上、胃潰瘍の予防などに効果があるとされています。

腸内環境を整える事は有名ですが、インフルエンザ予防やアレルギー緩和に良いと言われると「初めて聞いた」という方はちょっとびっくりするかもしれません。

乳酸菌には様々な種類がありますが、その中のいくつかの乳酸菌はインフルエンザ予防に効果的だと認められているものがあります。

インフルエンザの予防に乳酸菌が活躍するって本当?

有名なのが1073R-1乳酸菌ですね。ナチュラルキラー(NK)細胞というウイルスと戦うための細胞を活性化させ、免疫を高めてウイルスの侵入を防ぎます。もちろん整腸作用もあるのでインフルエンザが気になる季節に定期的に食べる事で代謝の良い身体になります。

「R−1」という名称で乳酸菌飲料やヨーグルトが出ていますし、手軽に購入できるのも魅力のひとつ。特に子供やお年寄りはインフルエンザにかかると大変ですから、風邪・インフルエンザにかかりにくい身体を作るためにも乳酸菌の摂取が推奨されます。

次にアレルギー緩和についてですが、アレルギー緩和に役立つ乳酸菌で有名なのはL-92乳酸菌です。「L−92」と書かれた乳酸菌飲料を見た事はありませんか?

最近注目されている乳酸菌で、花粉症やアトピーなどのアレルギー症状に効果が期待されています。乳酸菌飲料で有名なカルピス社が開発したというだけでも信頼性がありますよね。

アレルギーは免疫細胞のバランスの乱れが原因で起こるとされており、L−92乳酸菌はこのバランスを正常に保つ作用を持っています。花粉症やアレルギー性鼻炎といった症状に悩んでいる方もアトピー性皮膚炎の症状に悩んでいる方も、数ヶ月L−92乳酸菌を摂取することで数ヶ月で症状が緩和するという話ですから、定期的な摂取をオススメします。

もちろんどの乳酸菌を摂取しても日々の整腸効果が期待できます。腸内環境も整え、インフルエンザ予防やアレルギー緩和もできちゃうなんて一石二鳥ですよね。

乳酸菌シロタ株やラクティス乳酸菌は、胃酸や胆汁にも消滅することがなくしっかり腸まで届くので整腸効果が高い乳酸菌です。多くの効果が期待できる乳酸菌ですので、是非積極的に摂取していきたいものです。

ただ乳酸菌は一度摂取すればすぐに効く薬ではありませんので、毎日続けて食べたり飲んだりする事が理想です。乳酸菌飲料はもちろん、ヨーグルトなど毎日適量を摂取して体内環境をしっかり整え、健康な身体を作りましょう。