なぜいま乳酸菌サプリが注目されているのか?

乳酸菌はお腹に良いだけではなく、アトピーや花粉症、インフルエンザ予防に効果的だとして注目を集めています。

日本では特に味噌、漬物、納豆など古くから乳酸菌を摂取しやすい環境で暮らしていました。しかし時代と共に食の欧米化が進み、発酵食品をあまり口にしない生活をする人々も増えていきました。

乳酸菌は基本的に腸内環境を整える作用があり、特に便秘や下痢に効果的に働きます。

善玉菌が活発になる環境を整え、悪玉菌の増殖を防ぎます。便通のサイクルが正常に回ることで身体の代謝高め、様々な不調が起こらないようにする効果もあるのです。

アトピー性皮膚炎に効果が期待できる乳酸菌はL-92乳酸菌、乳酸菌KW3110、ビフィズス菌LKM512などでアレルギーの原因となるTh1細胞とTh2細胞のバランスを整える作用を持っているとされています。

また、インフルエンザ予防に効果が期待できる乳酸菌はR1乳酸菌、FK-23乳酸菌、ラブレ乳酸菌などで免疫細胞の働きを助ける働きをすることでインフルエンザやウイルスにかかりにくい身体を作ります。

このように乳酸菌は整腸作用だけでなく、種類によって様々な効果を期待できる事がわかりますね。

乳酸菌は毎日摂取した方が良いと言われているけど...

乳酸菌サプリなら無理なく乳酸菌を摂取出来る

乳酸菌は健康に生活する上で欠かせないものですので、毎日の摂取が推奨されます。とは言っても、乳酸菌が豊富に含まれている食事を続けるのはとても大変ですよね。

もちろん毎日発酵食品を食べる習慣がある方なら簡単かもしれませんが、ヨーグルトも毎日食べるとなると飽きてしまうかもしれませんし、乳酸菌飲料も同じです。

漬物などの塩分も多くふくまれる発酵食品は医師から塩分の摂取を控えるように言われている方はなかなか食べることが出来ませんし、純粋に発酵食品が苦手という方もいますよね。

そこで最近注目されているのが乳酸菌サプリです。乳酸菌サプリのメリットは大きく分けて三つです。

・簡単に摂取する事ができる。

・長期保存可能。

・乳酸菌特化のため効率よく乳酸菌を取り入れる事が出来る。

食事で乳酸菌を摂る場合、どうしても好き嫌いが出てきますし、食べる時間もネックになります。それぞれ塩分やカロリーなどもありますので、調節して食べなくてはいけないのは手間ですよね。

乳酸菌サプリだと、数個のサプリメントを水で飲むだけですので手間もいりませんし、味による好き嫌いも関係なく飲むことができます。カロリーや塩分もないため、用法容量を守れば安全に摂取することが出来るのが魅力です。

また、ヨーグルトや食品から乳酸菌を摂取しようとする場合、どうしても賞味期限を考えて食べなくてはいけませんよね。特にヨーグルトの賞味期限はそんなに長くありませんが、量が多めであれば食べきれない事も多いと思います。

乳酸菌サプリなら保存期間が長く、毎日摂取すると考えれば賞味期限を気にする心配はありません。食品は冷蔵庫保管しなければいけないものも多いですが、乳酸菌サプリなら常温保存はもちろん、持ち歩く事だって可能です。

食品の場合、当然ながら乳酸菌以外の余分な脂質、糖分、塩分なども摂取することになりますが、乳酸菌サプリは乳酸菌をメインに摂取するために作られていますので、脂質や糖分といったものを摂取することがありません。

余分な栄養素が気になる方や、ダイエットをしている方などにもオススメです。

乳酸菌飲料も飲みやすくて良いのですが、飲みやすくするために糖分が多く配合されている時が多いため気になる方もいますよね。

もちろん乳酸菌サプリの質によって、添加物が配合されていたり乳酸菌の質が良かったり悪かったりといった差は出てきますので、まずは事前にどの乳酸菌サプリがより良いのかチェックすることが大切です。手軽に摂取できる乳酸菌サプリで、健康的な生活を続けましょう。

乳酸菌を摂取した方が良い理由ってなに?

乳酸菌はお腹に良いだけでなく、色々な効果が期待できる優秀な善玉菌です。「乳酸菌を毎日摂ると身体にいい」という話は誰もが聞いたことがあると思いますが、具体的にどういった点が身体に良いのかな、整腸作用だけじゃないのかなと思っている方もいますよね。

乳酸菌と一言にいってもその数千もの種類があると言われ、種類によって少しずつ働きや効能が違います。便秘や下痢といった症状を起こしてしまう腸内環境の改善の他、インフルエンザの予防、アレルギー症状の緩和、ウイルスに対する免疫力の向上、胃潰瘍の予防などに効果があるとされています。

腸内環境を整える事は有名ですが、インフルエンザ予防やアレルギー緩和に良いと言われると「初めて聞いた」という方はちょっとびっくりするかもしれません。

乳酸菌には様々な種類がありますが、その中のいくつかの乳酸菌はインフルエンザ予防に効果的だと認められているものがあります。

インフルエンザの予防に乳酸菌が活躍するって本当?

有名なのが1073R-1乳酸菌ですね。ナチュラルキラー(NK)細胞というウイルスと戦うための細胞を活性化させ、免疫を高めてウイルスの侵入を防ぎます。もちろん整腸作用もあるのでインフルエンザが気になる季節に定期的に食べる事で代謝の良い身体になります。

「R−1」という名称で乳酸菌飲料やヨーグルトが出ていますし、手軽に購入できるのも魅力のひとつ。特に子供やお年寄りはインフルエンザにかかると大変ですから、風邪・インフルエンザにかかりにくい身体を作るためにも乳酸菌の摂取が推奨されます。

次にアレルギー緩和についてですが、アレルギー緩和に役立つ乳酸菌で有名なのはL-92乳酸菌です。「L−92」と書かれた乳酸菌飲料を見た事はありませんか?

最近注目されている乳酸菌で、花粉症やアトピーなどのアレルギー症状に効果が期待されています。乳酸菌飲料で有名なカルピス社が開発したというだけでも信頼性がありますよね。

アレルギーは免疫細胞のバランスの乱れが原因で起こるとされており、L−92乳酸菌はこのバランスを正常に保つ作用を持っています。花粉症やアレルギー性鼻炎といった症状に悩んでいる方もアトピー性皮膚炎の症状に悩んでいる方も、数ヶ月L−92乳酸菌を摂取することで数ヶ月で症状が緩和するという話ですから、定期的な摂取をオススメします。

もちろんどの乳酸菌を摂取しても日々の整腸効果が期待できます。腸内環境も整え、インフルエンザ予防やアレルギー緩和もできちゃうなんて一石二鳥ですよね。

乳酸菌シロタ株やラクティス乳酸菌は、胃酸や胆汁にも消滅することがなくしっかり腸まで届くので整腸効果が高い乳酸菌です。多くの効果が期待できる乳酸菌ですので、是非積極的に摂取していきたいものです。

ただ乳酸菌は一度摂取すればすぐに効く薬ではありませんので、毎日続けて食べたり飲んだりする事が理想です。乳酸菌飲料はもちろん、ヨーグルトなど毎日適量を摂取して体内環境をしっかり整え、健康な身体を作りましょう。